profile
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
categories
selected entries
new entries
recommend
archives
comment
TURBO
ROKO

 FIPにより09年9月9日永眠

CHOCO


..
link
sponsor
others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -

肥大型心筋症
*ぱんちゃんさんへ

はじめまして。
長くなりそうなのでこちらでお話しますね。
ぱんちゃんさんのお宅のスコちゃんも肥大方心筋症の診断が・・・
心配ですね。心中お察しします。
やはり純血種は雑種と違って弱い部分があるのでしょうか・・・

ぱんちゃんさんのお宅のスコちゃんの症状が家の子とは違うので
あまりお役に立てるかどうか分かりませんがターボの今までの経過をお話しますね。

ターボを病院に連れて行ったのは開口呼吸が見られたからでした。
前に飼っていた猫が開口呼吸をしている所を見たことが無かったのでもしや心臓が悪いのでは?と思ったからです。
病院でまず心音を調べましたがターボは心音は大丈夫でした。
レントゲンを撮り心臓の形が普通とは違うと言うことで
肥大型心筋症と言われました。
その後超音波で心臓の壁の厚さを調べてもらいましたが家の子は4ミリで
今の所お薬の投与は必要ない程度なので大丈夫ですと言われ現在に至ります。
そのときに先生に言われた注意点は
真夏でしたので
・温度管理
・ストレス
・過度の運動 でした。
その日から私が仕事で留守の時もクーラーをつけたまま外出し
激しい運動はなるべくさせないようにしています。
最近は涼しくなってきたので激しく暴れることがない限り息があがることはありません。
病院からお薬はありませんでしたが
出来ることはしてあげたいと思いました。
たまたま私はターボが小さな頃から手作り食にしていたので
タウリン(心筋症に良いそうです)を多く含むといわれるいわしやお魚を
前より食べさせるようにしました。
あと、家族が少し勉強しているホメオパシーという代替療法を取り入れています。
(ホメオパシーは自己治癒力を触発する療法です)
先日去勢手術の際、手術が可能かどうかレントゲンを撮ってもらいましたが
ターボの身体が大きくなったからか、
前回のレントゲンの向きや、影が映ったかは分からないけど
心臓の肥大もそれほどひどいものではなく
前回ほど心配するようなことではないと思いますといわれました。
ただ、1度目の先生と今回の先生は違うので先生の主観かもしれませんが・・・
心配ならば半年後、レントゲンを撮ってその後の経過を見て見ましょうとのことでした。
診断当初は、血栓や心不全など心配で気が気じゃありませんでしたが
飼い主の私が悲観的になるとターボに伝わってしまうのではと思いなるべく考えないようにしています。
おかげさまでターボは今の所普通の生活を送っています。
(激しく暴れまわるとハァハァ言うのでその時点で落ち着かせるよう気をつけてはいます)
心筋症は早期発見、早期治療が重要なようです。
症状が現れてからでは手遅れの場合も・・・と言うのが私が調べた結果でした。

ぱんちゃんさんのスコちゃんは、まだ疑いの段階でお薬も飲んでるんですよね。
ターボと同じく早期発見、早期治療が出来ているので
きっと大丈夫です!
また何か変わったことがあったら私もこちらで報告します。

心配は尽きないかもしれませんが
大事な家族が幸せに穏やかに暮らせるよう
ずっとそばで見守っていてあげることが私たちが出来ること。
お互い頑張りましょうね。






肥大型心筋症 / 17:53 / comments(2) / -

スポンサーサイト
- / 17:53 / - / -

comment*
ご回答をありがとうございました。
我が家のPCが故障し、やっと本日拝見させていただきました。
ご親切に・・・感謝します。
本当に猫ちゃんを愛する方なんだなぁ〜と実感しました。
いろいろ教えていただき飼い主一年生の私としましては勉強になりました。
自分で産んだ子かと思うほど、大切なぱんなんです。
私ができることは何でもしてあげたいです。
その後、別の病院に受診しドクターの別の目かあ診てもらいましたが、イマイチはっきり判らずでした。
が・・・心筋症であるかそうでないかははっきりしないとのこと。そんな段階での強いお薬はそのドクターはすすめないとのことでしたので、現在投薬をストップしました。
本当かどうかの決断ができるのは、猫の心臓の筋肉に針を刺し心臓の筋肉を採取しないと今の段階でははっきり言えないそうですが、とてもリスクの高いことなので、あまりおすすめしませんと・・・
現状一ヶ月に一度の経過をみることとなりました。
本人は心臓に疾患があるとは思えないほど走り回り、どれだけ食べるの?と思うほどの食欲で、何がどうなってんだか本当にわかりません。
現在も突然激しく体中を舐め、頭を激しく振り、耳をピクピクさせ、手足もブルブルする奇妙な行動します。約1分くらい繰り返しあとは何事もなかったかのように落ち着きますが、その行動中はこちらが怖くなるほど激しいんです。
ありませんか?そんな事って・・・
最初はノミ?とか思ってしまい、受診したら、体には何もおらず、心筋症の疑いと。
今もスッキリできない毎日です。

何かいい情報がありましたら、教えてください。家の中のみにいるので、日中一匹ですしさみしいストレスかな〜ともおもっり・・・
猫にそんな感情あるのかしら???

本当にご親切に教えてくださってありがとうございました。
ターボちゃんにも会ってみたい気がします。とってもかわいいですね☆
ぱん ... 2008/10/19 8:25 PM
こんばんは。
病名がハッキリしないのは不安ですね。
でも反対に違う可能性もあるわけですから
そう考えると希望が持てますよね。

レントゲンやエコーは撮られてるんですよね。
心筋症で激しい毛づくろい、どういったつながりがあるんでしょう。
ターボにはそういった症状は出ていないので
よく分かりませんが・・・
時々ビクン!となったり呼吸が激しそうに見えるときがありますが
それ以外は全く元気で食欲もあるので
あまり考えないようにしています。
病院に何度も行くのも猫にとってはストレスになると思うので当分は様子見です。

我家も日中1匹で留守番です。
その代わり帰ったらたくさんなでて遊んであげています。
かわいそうかな〜とも思いますが
休みの日のターボを見ると
昼間は寝ていることが多いし
私を無視しふらふら部屋を移動していることがほとんどです。
私たちが考えているほどストレスを抱えていないのでは?と思います。

ぱんさんの猫ちゃん、1ヵ月後の病院で何もないことを祈っています。
いつも余りお役に立てなくてごめんなさい。


K ... 2008/10/25 10:30 PM






<< Next   /   Prev >>